本文へスキップ

東京 板橋区 行政書士SOKEN法務サービスは帰化申請を専門とる行政書士事務所です。

TEL. 03-6323-8627

〒173-0013 東京都板橋区氷川町27番3-602号
 コスモ大山氷川町

Q&AQ&A

業務情報

Q.中国籍の男性で40歳。8年前、就労ビザ(技能)で来日し、料理店に務め、現在の在留期間は、3年です。年収は350万です。帰化申請が可能でしょうか?

A.引続き5年以上日本に住所を構え、20才以上、素行も善良で経済的にも安定している。また、日本語の読み書き、会話の能力があれば、帰化申請は可能です。

Q.韓国籍の29歳の男性です。日本に7年、商社に勤め5年になります。仕事の都合で年間200日くらいは海外に出国しますが、帰化申請は、可能でしょうか?

A.年齢、住居年数や素行及び経済的にも安定てしており、会話能力もありますが、気になるのは仕事の都合で出国が多いことが気になります。帰化申請の場合、年間100日程度海外で滞在していると許可取得が難しいかもしれません。

Q.アメリカ国籍の32歳の女性です。現在は、貿易会社に務め、在留期間は3年になります。3年程前に妻子ある男性と同棲していますが、帰化申請は可能でしょうか?

A.妻子ある男性と同棲しているとことですが、公序良俗に反しており、帰化許可の許可条件である「素行が善良であること」に抵触する恐れがあります。しかし、相手の男性の家庭崩壊が同棲が原因ではないのであれば可能性もあります。きちんと説明できれば、可能性はあります。

Q.フランス国籍の35歳の女性です。留学生として来日し6年、貿易会社に就職して2年が立ちます。在留期間も5年が立ちましたが、帰化申請は可能でしょうか?

A.勤務期間が2年であっても可能性はありますが、法務省のガイドラインでは就職して3年程度の社会経験が望ましいとのことですので3年程度経過した後申請した方が良いでしょう。

Q.フィリピン国籍の夫婦です。夫婦共々日本で就職して5年が経過し、1歳半の子供がフィリピンで両親に面倒をみてもらっていますが、家族全員の帰化申請は可能でしょうか?

A.お子さんは、日本を離れており、日本に居所も住所もないことになり、帰化の条件に当てはまりません。お子さんを日本に呼び寄せて生活し、帰化申請しては如何でしょう。

Q.中国籍の40歳の女性です。日本人の配偶者として来日して5年になります。中国から来たばかりの10歳の前夫の子10歳と一緒に帰化申請は可能ですか?

A.ご主人の扶養を受けて日本で3人で生活している状態ならあなたが法定代理人として申請は可能です。


バナースペース

行政書士SOKEN法務サービス

〒173-0013
東京都板橋区氷川町27番3-602号 コスモ大山氷川町

TEL 03-6323-8627
FAX 03-3962-3686